このエントリーをはてなブックマークに追加

Bitcasaへバックアップ

Bitcasaにさくらvpsや自宅サーバーのデータをバックアップするようにしてみた。

概要は以下のような感じ

../../../_images/backup_to_bitcasa.png

さくらのVPSや自前で持っているサーバーのデータをbackupサーバーにいったんrsyncで持ってきて、 rsyncで最新の状態にmirrorしたものをBitcasaに日付でディレクトリを掘ってコピーするという仕組み。

ちなみに、Bitcasaのlinux版は普通に配布されているので、書いてある通りにインストールして、 tightvncserverあたりでリモートからXが拾えるようにしてやればお手軽。

無限世代backup再び!!

コピーするデータ量はだいたい6.2G程度。 (各サーバーの /home /root /etc /var /usr/local をbackupしている)

# du -h /backup
.
.
.
6.2G    /backup

で、どのぐらいの転送時間かというと、だいたい6-7時間ぐらい。速度になおすとだいたい2.1Mbps程度。 Bitcasa設定でcacheを200Gにしているのでcacheが効いるのかもしれない。

Sep 25 21:25:44 backup logger: [Info] bitcasa transfer time 26614 sec
Sep 26 09:58:01 backup logger: [Info] bitcasa transfer time 21457 sec
Sep 27 09:04:45 backup logger: [Info] bitcasa transfer time 21840 sec
Sep 28 09:22:10 backup logger: [Info] bitcasa transfer time 22885 sec
Sep 29 09:13:39 backup logger: [Info] bitcasa transfer time 22372 sec

とはいえ、データ量が増えてくると1日でバックアップが終わらなくなるので、 並列でコピーとかも考えないといけない。

あと、特殊なファイルをバックアップしようとするとBitcasaのプログラムが刺さるっぽいので、 /procとか/devとか/tmpとか/var/runとかをバックアップするのは避けた方が無難。

name:
email:
comment: